「禅×コーチング」の記事一覧

自分の言葉から自分ではない「nobody」の言葉へ

自分の言葉から自分ではない「nobody」の言葉へ

言葉というのは、足らなかったり、多すぎたりとなかなか難しいですね。言葉をどう使うかというのは、生きる上で大事な訓練です。そして、これは「自分の言葉」へのアプローチといえます。

やりたいことはなくていい

やりたいことはなくていい

…すると、どこから風のように「智慧」がやってくるのです。だから、コーチは、セッションに際して、目的もゴールも、やりたいこともなくていいのです。

【中道をいく禅コーチング講座】周囲の力を借りるコーチングコミュニケーション

20年禅の修行をしているコーチが教える心を解き放ちたいビジネスパーソンのための「中道」をいく禅コーチング講座 第2回講座  周囲の力を借りるコーチングコミュニケーション

20年禅の修行をしているコーチが教える 心を解き放ちたいビジネスパーソンのための「中道」をいく禅コーチング講座 第2回講座 周囲の力を借りるコーチングコミュニケーション こんな方におすすめです 思いを上手く表現出来ない ・・・

試練との付き合い方 「目覚め」へのターニングポイント

試練との付き合い方 「目覚め」へのターニングポイント

試練がやってきたときどうすればよいのか。コーチングのセッションでよく出てくるテーマです。立ち向かい、乗り越えていくという人もいます。一方で、逃げてしまいたいという人もいます。これは試練に勝つか負けるかという視点です。試練を分析し、どうにか答えを出そうというのが、通常のコーチングでのアプローチと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ