【ミスが怖いゴルファー向け】ナイスなミスへのメンタルトレーニング

ミスが怖いゴルファー向け ナイスなミスへのメンタルトレーニング

ゴルファーへのメンタルトレーニングをしていると、ミスに強い選手と、ミスから崩れる選手がいます。

ミスから崩れる選手に共通しているのは、ミスを過大に怖れているということです。

ショットを打つ際には、こんな球を打ったらどうしよう。あそこに行ったらどうしようという不安が襲ってきます。パッティングをする際には、寄らなかったらどうしよう。入らなかったらどうしようという悪いイメージばかりが浮かぶのです。

誰しも調子がよいときには、あまりミスが気になりません。よいときはどのプレーヤーもよいのです。

メンタルの差が出るのは、上手くいかないときです。

どのプレーヤーも調子が悪くなるときがあります。上手くいかないときに大きく崩れる選手は、失敗に対してのネガティブイメージが強くなります。そして、ミスを過大に怖れるようになります。

 
これは一度のミスが後に残っている状態です。過去をひきずったプレーは、さらに心と身体を重くします。

一方で、ショットやパッティングのフィーリングが悪い日でも、それなりなプレーが出来るようになると、耐えるゴルフができるようになります。そういうプレーヤーは失敗に対してあまりネガティブなイメージがありません。「ミスしてもなんとかなるだろう」という安心感があります。

失敗はどの選手にも起こります。メンタルトレーニングでは、いかに「ナイスなミス」をできるようになるかに取り組んでいきます。

ナイスなミスへの鍵となるキーワードは「起こっていることを否定しない」ことです。

スポーツと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「ミスが怖いゴルファーへ ナイスなミスへのメンタルトレーニング」です。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ