仕事と禅 人生と徒労にかける 寄り道をしましょう

やはり、10日あまり日本を留守にすると、未整理なことが、いろいろと溜まってきますね。朝からスタバでのんびりコーヒーを飲みながら、心を整理しています。

朝の一杯のコーヒーは、私にとっては坐禅のようなものかなと思います。香ばしい匂い、口に入れたときの深い味わい。

坐ることも好きですが、何気ない日常の一コマで心をリセットするのもいいですね。

仕事と禅についてお伝えしているnoteを更新しました。今回のテーマは「人生を徒労にかける 寄り道をしましょう」です。

以前の自分は、いかに意味あることをするかを大事にしていました。目的に一直線に向かうために、無駄なことを排除する。しかし、不思議ですね。無駄のない生き方を求めるほど、逆に心が渇望していたのです。

まさに、ロスでの挑戦は、ある意味、人生の寄り道です。最初は、明確な目的や目標を持とうとしました。しかし、途中から、夢や目標が見えなくなりました。このときは、アメリカに行っている意味が分からなくなり苦しんだのですが、実は意味を求めなくなったとき、一つ一つの出会いが輝いてきたのです。

今は、ただ何かに出会いにいっている感じでしょうか。お金や労力を考えると、まったく費用対効果にはあいません。しかし、なぜか豊かな自分がいるのです。

「人生を徒労に賭ける」というテーマは、禅の師匠である藤田一照さんが話されていた言葉からヒントをいただきました。

無意味なこと、無駄なことを人生に取り入れることが、実は人生を豊かにします。

詳しくはこちらからどうぞ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ