仕事と禅 気持ちが落ちているときには

モチベーションが上がらないとき、皆さんはどうされていますか?

エネルギーが低いままで何とかやるというのも一つの方法だと思いますし、何か気分転換をするのもありだと思います。

私の場合、若いときは無理矢理やる気を出させようとしていました。これは、非常にダメージが残るので、休みの日は、とにかく寝ていましたが(笑)

若いときの私のように、気持ちが落ちている状態を、あまり良くない状態だとジャッジする人も多いと思います。頑張りたいと思っている人にとっては、頑張れない状態を邪魔に考えてしまいます。

しかし人のエネルギーは、本来アップとダウンを繰り返しています。これは、吸って吐くという一息からはじまり、朝起きて夜眠るという一日の流れでもあります。

ダウンというのはとても大事な時間なのです。しっかりとダウンの局面で下がっておくことで、次へのエネルギーが溜まっていくのです。

バスケットでも飛ぶ練習だけでは高く飛べないのです。高く飛ぶために必要なもの、それは「力を蓄える」ことです。そのために地面に着地するときに、しっかり下半身で力を受け止める練習をします。

いかにパワーを蓄えるか。

いい眠りをするというのも、次の日へのエネルギーを蓄えているのです。

このように気持ちが落ちているというのは、静かな状態で、何が出来るかということだと言えます。

これは、一息という小さなアップダウンからはじまり、一ヶ月、一年、数年、一生という大きな流れもあります。

仕事と禅についてお伝えしているnoteを更新しました。今回のテーマは「人生のアップとダウン 気持ちが落ちている時の過ごし方」です。

あなたの現状を突破するヒントになれば幸いです。よろしければ、見てやってください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ