仕事と禅 道元さんの身心脱落と手応えのない仕事

昔は、仕事においても趣味においても
「手応え」という感覚を大事にしていたように思います。

手応えとは、努力、やりがい、成果・・・

逆にいえば、手応えがない仕事というのは
価値がないと思っていました。

しかし、面白いものですね。

手応えを求めるほど、何かが失われていくのです。

最近は、セッションでもセミナーでも
「手応えがない」ということを大事にしています。

手応えがないとは、「我」をいかに捨てるか。

ちなみに「我」とはみずからがやるということ。

みずからを手放すことで、おのずからという力が顕れてくる。

記事を書いている最中に、
道元さんの「身心脱落」という言葉が浮かんできました。

身心脱落というのは坐禅の時のありかたです。
「自分が坐禅する」という「我」を消していくか。

手応えがないというのは、
自分と相手という境界がなくなる瞬間でもあります。

そこに何かつながる点があるのではないか。

仕事と禅についてお伝えしているnoteを更新しました。
今回のテーマは「道元さんの身心脱落と手応えのない仕事 釣り合うと消える??」です。
あなたの現状を突破するヒントになれば幸いです。よろしければ、見てやってください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ