仕事と禅 一点を見すぎると苦しみになる 均等に感じる心を育てましょう

スポーツやビジネスでメンタルトレーニングをしていると、私自身も葛藤の連続です。

今、選手は何を考えているのか?
今、声をかけるかどうか?
今、何が必要か?

その時々の判断が上手くいったかどうかは、分かりません。

ただ、私自身が一点にこだわりすぎると良くないなと感じています。

選手は、結果をすぐに出したいと願っています。

もちろん、私も結果を出させてあげたい。

しかし、ここで私も結果という罠に引っかかってしまうと、
残念ながら結果は出ません。

結果ではない、もっと周りにあるものは何か?

私の仕事は、結果に囚われることではなく、周りを見渡すことです。

いかに、全体を均等に見られるか?

そのためには、自分自身の執着をまず手放す必要があります。

何かに執着があると、ありのままの選手を見られません。

どこかで偏ったアドバイスになったり、余分な言葉を付け加えてしまいます。

これは頭で考えても、答えは出ません。

選手にその時起こっている何かを感じられると、
選手と私の間から言葉が生まれてきます。

まずは自分の心をどう整えるか。

生き方と禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。今回のテーマは「均等に感じましょう 一点にこだわると苦しみになる」です。

ピンときた方はぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ