仕事に禅を取り入れる 「終わりは始まり 始まりは終わりの仕事術」

皆さんは、「胃もたれ」する方ですか?

前の日に食べ過ぎたり、飲み過ぎたりすると翌朝に引きずりますよね。
年齢を重ねてくると尚更です。

禅では「物足りないくらいが丁度いい」と指導されます。

なぜ物足りないくらいがよいのか?

「物足りない=もっとやりたい」
ということではないでしょうか。

ご飯も腹八分目がいいと言われますが、
物足りないということは、もっと食べたいということ。

「もっと食べたい」くらいで終わっておくと、
胃も心も次の食事が楽しみになります。

しかし、このもっと食べたいくらいで終わるのがなかなか難しい。
つい、無意識に食べ過ぎてしまう。
そして、「なんであんなに食べちゃったのだろう。また飲み過ぎてしまった」とあとから後悔します。

でも、なかなか「もうちょっと食べたい。もうちょっと飲みたい」で止められない。だから、修行が必要なのだと思います。

では、「心もたれ」はどうですか?

身体と同じように、
前の日に仕事をやりすぎたり、疲れが残っていると
翌朝、なかなかやる気が起きません。

やる気というのを「点」で考えがちですが、
実は「線」で繋がっているのです。

何かを終えるときに、いかに物足りないくらいで終われるか。
あるいは、次にやりたいという楽しみを作っておくか。

何かをはじめるときにエンジンがかかりにくい傾向がある人は、
終わり方を見直してみてはいかがでしょうか?

生き方と禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。
今回のテーマは『禅を仕事に取り入れる 「終わりは始まり 始まりは終わりの仕事術」』です。

ピンときた方はぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ