【禅を生きるにいかす】10秒の余裕 せこさはせこさとぶつかる 強いエゴは強いエゴとぶつかる

せこい自分がよく顔を出す。

損したくない。
人より先に行きたい。
面倒くさいことに関わりたくない。

すると、不思議だ。同じような人に出会う。

いや、同じようなエゴに出会うといった方がいいかもしれない。

早く行きたいと思って自転車のペダルをこぐ足に力が入ると、向こうからすごいスピードでくる自転車とぶつかりそうになる。

なんて危ない奴だと腹が立つ。自分は少し急いでいるだけだが、あいつは人のことをまったく考えていないと。

こんな感じで、何かとぶつかっていた。いつも何かに怒っていた。

坐禅をするようになり、なぜか、自転車の運転が穏やかになった。

すると不思議だ。危ない相手と遭遇することが減った。

いかに自分が歩行者をヒヤッとさせる運転をしていたか気づかされた。

スーパーの駐車場でも、少しでも入り口に近い場所に止めようとする。すると、同じような人に出会って、嫌な気持ちになる。

数十メートル向こうには、空いたスペースがあるのに、見えていなかった。

たかだか数十メートル。でもこの数十メートルが本当に難しい。

自分の課題は、もっとも身近なところにある。

ということはテーマは無限。

一つ一つ丁寧に扱っていきたい。

生き方と禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。
今回のテーマは「10秒の余裕 せこさはせこさとぶつかる 強いエゴは強いエゴとぶつかる」です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ