禅を生きるにいかす 言葉には賞味期限がある

慣れ親しんだ言葉があります。

無意識に使っているものも多いですね。

ただ、本当にその言葉でいいのかどうか。

身体や心が日々変化している中で、言葉だけが取り残されていませんか。

執着やこだわりは言葉に出ます。

〜でなくてはならない。

〜すべきだ。

〜を信じている。

〜を許せない。

無意識に使い慣れた言葉を使い続けていることで、そのこだわりがずっとついてきます。

逆にいえば、もう終わった言葉 を捨てることで、新たな風が吹き始めます。

言葉も「無常」

身体や心と同じように、過去の言葉から今の言葉へと生まれ変わっていくのが自然なのです。

生き方と禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「【禅を生きるにいかす】言葉には賞味期限がある 必要がなくなった言葉を消しゴムで消しましょう」です。
こちらからご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ