禅を生きるにいかす 後悔があるから今を生きられる

後悔というのは、「道しるべ」のようなもの。

どこか遠くに行くときには、後悔は捨てたくなる。
何かを得たいときには、後悔を邪魔になる。

人生でいえば、往路を進む人には、後悔はただの重荷。
早く下ろしたいだけ。

でも、人生には復路がある。

復路とは自分が自分に戻る旅。

自分が自分に戻っていくときに、迷わないように後悔が灯台になって道を照らしてくれる。

戻る旅。

それは一見無意味に見えるかもしれない。
でも、必要だから心に残っている。

後悔が残っている人は、自分に戻る旅をどこかで求めている。

往路で生まれた後悔と、復路で自分を導いてくれる後悔が違う。

そろそろ自分に戻っていく旅をはじめてみませんか。

生き方と禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。
今回のテーマは「『而今現成』後悔があるから今を生きられる」です。こちらからご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ