禅を仕事に活かす 自分にとって「ミニマム」とはなにか?

「小欲知足」という禅語があります。

禅の修行では、「欲をなくしなさい」とは言われません。
しかし、欲が突っ張ってくると「欲張り」になります。

欲張りになると、足りないという苦しみが湧いてきます。

欲とどう付き合っていくかというのは、やはり修行での大事なテーマです。

これは、仕事でも同じ事がいえます。

会社員時代を振り返ってみると、就職した当時は「先輩達に認めてもらいたい」という気持ちがあるから頑張れていました。

モチベーションのもとになっているときは良かったのですが、どこかで認められることが目的になっていきました。

こうなると、認められないと腹が立つ。認められなくなることが怖くなる。認められたいがために他の人を落とす。という状態にエスカレートしていきました。

欲は肥大していきます。これが良い悪いではなく、欲の特徴です。

だからこそ、欲の特徴を知り、どう律していくか。

それが禅語の「小欲知足」という教えになってくるのだと思います。

先日、禅の老師が「何事も最低限を知っておくといいですよ」と話されていました。

自分にとって、最低限必要なもの。

家族?
健康?
衣食住?
やりがい?
自分らしさ?
成長?

人によって違うと思いますが、最低限を考えていくと本当に大事なものが見えてきます。

欲を増やすのではなく、いかに絞っていくか。

もし、今あなたが仕事に苦しさを感じているとすれば、ぜひ「最低限」を探してみてください。

私自身が感じた禅と日々の生活の気づきについてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「禅を仕事に活かす 自分にとってミニマムとはなにか?」です。こちらからご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ