40歳からのアメリカ修行日記166 自分が裸になるところから本当の対話ははじまる

「肯定」か「批判」か。
「従う」か「従わない」か。
誰かの声が大きくなると、自分の声も大きくなる。
面白いことに、自分の声が小さくなると周りの声も小さくなる。
また誰かが鎧を着ると、自分も鎧をまといたくなる。
これまた面白いことに、自分が鎧を脱ぐと、周りも鎧を脱ぎ始める。

最近、坐っていると、ウトウトと眠っている。これが本当に気持ちいい。
でも、以前はそんなことは恥ずかしくてとても言えなかった。

一番近い言葉を探すのはなかなか難しい。

ついつい、遠くの言葉を言ってしまう。

自分のお隣には、正直な言葉、素直な言葉がいる。

いい言葉ではなく、お隣の言葉を探そう。

先が見えないときこそ、今を話そう。

自分が裸になることで本当の対話がはじまる経験について書いてみました。
こちらからご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ