禅を生きるにいかす 智慧で生きる

3月は、ほぼ一ヶ月原稿が書けなくなりました。

言葉が浮かんでこなくなったのです。

なぜか理由は分かりませんでしたが、最初は焦りました。コーチとして独立して十数年、どんなに苦しい時も、言葉だけは浮かんで来ていましたから。

書けないというのはこれほど苦しいものかと。

しかし、同時に私自身の心のあり方を見つめ直すいい機会になりました。

本当に苦しい時に必要なのは、「どうしたらよいか」という解決ではありません。

私に何が起こっているのか?という問いです。

これからの世界は、過去の延長ではありません。

そんな未知の世界を生き抜くために必要なのは「智慧」です。

「智慧」とはもともと仏教の言葉からきています。

いかにして「智慧」を生じる心を持つか。

智慧とは知識とは違います。本から学ぶものではありません。

日々の実践の中から生じてくるものです。

禅を仕事や人生にどう生かすかをお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「苦しい時を乗りきるために 智慧で生きる」です。
興味のある方はこちらからご覧になれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ