禅を仕事に活かす 「無心のビジネス」への道 「無我」という問い

恋愛で「あなたは重い」と言われたことがありますか?

ちなみに私はあります。結局その女性とはお別れしましたが、一体何が重かったのか。残念ながら、女性の気持ちというのは昔も今もよく分かりません。

逆に最近、ある方とお話をしていて、言葉が軽いなあと感じました。薄っぺらいというか、真実味がないというか、嘘っぽいというか。言葉数は多いのですが、まったく心に響かないのです。

「言葉が軽い」「重い言葉」という表現があります。

これは比喩だけではなく、まさに言葉には質量が存在するのだと思います。

言葉になった時点で、思いは形になっています。

さまざまなエネルギーが集まり、それは「思い」になり、「言葉」になっていきます。目に見えない粒子から記号の塊へと変化する過程で重さや固さなどが生まれていきます。

言葉は物事を平準化し一般化するのです。言葉で理解しようとするというのは枠にはめていく作業です。これは大まかな理解には大変便利ですが、一方で微細な部分は消えてしまいます。これは良い悪いではなく、言葉の持つ働きです。

本当に相手のことを理解しようと思えば、言葉になる前に意識を向けることが大事になります。

分からない世界にただ心を向ける。言葉が生まれるまでの生成過程に意識を向ける。

人はそれらの生成過程を無意識に感じています。もともと同じ言葉でも、発する人や状況、相手によってまったく別のものなのです。

言葉以前に意識を向けるのが、坐禅だと私は思っています。

出来上がった言葉をどれだけ紐解いてみても、その言葉は古くなっていくだけです。言葉の連鎖は本心から遠ざかっていきます。セッションでもクライアントが行き詰まったときには、大抵言葉に囚われています。

私自身も混乱しているときは、言葉が多すぎます。本来シンプルなことが複雑になってしまうのです。人は無意識に言葉の魔力に惑わされます。

いかに今この瞬間の「空気」に心を向けるか。今この瞬間に起こっていることを感じられるか。

すると、不思議ですね。同じ言葉であっても、質感が変わってくるのです。粗い言葉から繊細な言葉へ。頑なな言葉から柔らかい言葉へ。押しつける言葉から受け入れる言葉へ。ジャッジから共感へ。偏りからフラットへ。

そのとき、目の前にあった壁がなくなり、枠との外へ出ているのです。

言葉では相手は分からないとお伝えしましたが、一方で言葉を手がかりにして分かるものもたくさんあります。

今だったら少しは相手の気持ちに寄り添えたのだろうか。若いときの苦い思い出をときどき思い出します。

まあ、こんなことを考えている時点で、結構重いですよね。

私自身が感じた禅と日々の生活の気づきについてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「無心のビジネスへの道 無我という問い 無責任だから信じられる」です。
こちらからご覧になれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ