禅を仕事に活かす 納得を求めるほど本当の納得はない


若いときはどんな無茶でも出来たという人がおられるますが、
私の場合、むしろ若いときは新たな一歩を踏み出すことが怖かったです。

何事にも慎重で、よく石橋を叩いて壊していました。
また、多くの人が選ぶ道から外れないように生きていたように思います。

それが35歳あたりから、かなり無茶をするようになりました。
今から思うとコーチとして独立したのが一つの転機だったかもしれません。

何が変わったのか?

以前は、納得してから行動していました。この納得というのがなかなかやっかいです。結局「納得」というのは、自分で出したい答えに持って行こうとする傾向があるからです。

問題は違っても、いつも同じような答えになっていくのです。

そもそも考えるというのは、自分の中の既存の枠に、自分自身をはめ込んでいく作業です。いかに上手くはめ込んでいけるかというのが、納得のプロセスでもあります。

では、納得を求めない生き方とは?

その答えは「体験」にあります。

考えるのではなく、体験の中に身を置くこと。
目に見えない世界に一歩踏み出し続けていること。
意味や原因を求めるのではなく、分からないまま、周りの環境とともに動き続けること。

最初、分からない世界に飛び込んだときは、とても怖い。どうなるのか不安でいっぱいです。しかし、以外に激流を泳げる自分に気づく。結果的に、案外上手くいくのです。

この案外上手くいくというのは、当初考えていていた結果とは、まったく違う場合が多々あります。事前に想定した通りに進めることは頭を固くします。一方で、体験の中に身を置くことが自然体という姿なのです。

ちなみに坐禅は、常に動き続けています。「納得」とは真逆のアプローチといえます。

不思議ですね。

大変ファーストで生きていると、数年後にあのとき分からなかった意味が分かるのです。本当の納得は忘れた頃にやってくるのです。

禅を仕事について活かすnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「坐禅とはゼロに出会うこと 求めるのは与えられているから」です。
こちらからご覧になれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ