ボールが打てなくなったときのメンタルトレーニング

ゴルフで球をつかまえにいこうとすると、インパクトへの意識が強くなりすぎます。結果として、リズムにバラツキがでて、余分な力みが発生します。

野球で球をつかまえようとすると、タイミングが合わなくなっていきます。

陸上でも、遠くに跳ぼう、速く走ろうとします。結果をつかまえにいこうとすると、体は重くなったり、目標が遠ざかっていくのです。

これはすべて、「つかまえにいく心」です。

怖いとき、つかまえにいきたくなります。
欲が出たとき、つかまえにいきたくなります。

ボールをつかまえようとするほど、結果としてボールはつかまらなくなります。力みばかりが強くなり、打てなくなるのです。

どのスポーツでも、選手達は「つかまえにいく心」といかに付き合うかがメンタルトレーニングの課題になります。

つかまえにいく心とは一方向の心です。これをいかに両方向にしていくか。

つかまえにいく心とは閉ざされた心です。いかに開いていくか。

つかまえにいく心とは、部分にこだわった心です。いかに全体に広げていくか。

禅をスポーツのメンタルトレーニングに活かすnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「ボールが打てなくなったときのメンタルトレーニング」です。
こちらからご覧になれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ