一度はやってみないと分からない かるーくご縁の旅に出かけましょう!

コロナ禍だから、出来ないことがありますね。旅に出かける、友達に会う、実家に帰るなど。

そういう意味では、長期間にわたって不自由な状態が続いているので、ストレスが溜まっている人も多いと思います。

一方で、コロナ禍の中だから、出来ることがあります。

友人を見ると、いろいろな変化をしています。仕事を辞めたり、農業をはじめたり。

私の場合は、食堂がそうかもしれません。

コロナ禍の中で、対面での研修は出来なくなりました。また出張がなくなって仕事も減りました。ただ、これは別の見方をすれば、空き時間が出来たのです。

そこで出会ったご縁が「食堂」でした。この一年あまり、食堂事業のおかげで、本当にいい体験をさせてもらっています。

コロナ以前でしたら、とても食堂事業をやろうとは思わなかったでしょう。そんな時間も心の余裕もなかったからです。

コロナは与えられた試練ではないでしょうか。

ただ、試練はなかなか苦しいです。

コロナとの闘いはいつか終わるでしょう。あるいは、「コロナとともに」という社会に変わるかもしれません。

どんな困難も終わってから振り返ってみると、案外なんとかなっているものです。大変なのは、その最中です。

苦しい時に、どう生きるか。

やりたいことができない。出来ていたことが出来ない。思わぬ障害が人生を邪魔している。これは紛れもない事実です。

だから苦しくていいのです。今は、苦しさとともに生きるということを試されています。

苦しさとともに生きられたとき、その苦しさはこれからの人生の糧になります。

禅の師匠である藤田一照老師は「禅は工夫だ」と話されていました。

今こそ、工夫が求められています。

生きることと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

一度はやってみないと分からない かるーくご縁の旅に出かけましょう! >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ