無心への入り口 「わたし」に出会ういのちの対話

私とはなんだろう?
 
子供の時、ずっとそんな問いを持っていました。
 
私は、高野豆腐が嫌いだ。
私は、シャーロック・ホームズが好きだ。
 
言葉で表現できる「私」は、自分サイズの私。
結構小さい。なんとか小さな枠を破りたいともがいていました。
 
早く大人になりたかったのは、少しでも自分のサイズを大きくしたかったのだろうか。でも、体は大きくなっても、言葉は大きくはならなかった。大げさにはなったかもしれないけど(笑)
 
言葉には、サイズがあります。
 
自分サイズの言葉。
自分と相手を包む言葉。
場から現れる言葉。
宇宙とつながった言葉。
 
自分を解き放つほど言葉は広がっていく。
 
私サイズの言葉には限界があるけど、つながった言葉は無限。
 
自分で考えた言葉には枠があるけど、引き出された言葉は周りと溶け込んでいきます。
 
これは既存の「私」から新しい「わたし」への旅。
 
言葉で表現するには限界があるけど、言葉への真摯な姿勢は、言葉にならない世界と出会わせてくれます。
 
今は「私とは何か?」という問いは消えました。
 
その代わりに、新たな問いが生まれています。
 

禅と仕事についてお伝えしているnoteの記事をアップしました

今回のテーマは「無心への入り口 「わたし」に出会ういのちの対話」です。

 

あなたはどんな問いをお持ちですか?

無心への入り口 「わたし」に出会ういのちの対話 >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ