「ありがたい」が増える仕事

「ありがたい」が増える仕事

食堂のオープンから金曜日まで、最初の一週間をなんとか無事に営業することができました。

さっそくご来店いただいたり、いろいろ応援メッセージをくださり、本当にありがとうございました

ひとつひとつの励ましに勇気をいただきました。

いろいろなことがあった一週間でした。あっという間の一週間でした。

毎日、分からないことの連続。傷つくことの連続。不安と緊張でいっぱいの日々。

なんでこんなに苦しいのだろう。

予想以上のお客様も来てくれているし、スタッフの皆さんも協力して頑張ってくれています。私が成すべきことはやれているのでは・・・

もともと楽しむことが大の苦手なのですが、今回の試練は私の課題を浮き彫りにしてくれました。

とにかく怖いのです。

人が怖い。
未来が怖い。
傷つくことが怖い。

繊細で、臆病で、弱くて・・・

そんな自分が嫌になります。
周りと馴染めない自分が嫌になります。

なんでもっと素直に楽しめないのだろう。喜べないのだろう。

コーチだけやっていれば良かったのではないか。

無謀なことをやったのではないか。

向いていないことに手を出したのはないか。

見通しが甘すぎたのではないか。

これは私の癖と言えます。

いつもか弱い心が震えています。

そんな私を見て、さすがに妻も心配になったみたいです。余計な心配をかけてしまって、申し訳ないなと思います。

ただ、私の場合、ここからが本当のスタートなのです。

ちなみに、オープンから3日目、厨房に入って仕込みの準備を手伝いました。

タルタルソースを小鉢に盛ったり、出来上がった料理にラップをかけたり・・・

いっしょに協力して作業している瞬間、無になれました。

すごく心地よい時間でした。

仕事と禅についてお伝えしているnoteに記事をアップしました

テーマは、「ありがたいが増える仕事」です。

ありがたいが増える仕事 >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ