禅をビジネスに活かす あなたの人生の宿題は?

禅をビジネスに活かす あなたの人生の宿題は?こだわりという本質

先日、仕事中にメガネが壊れました。裸眼の視力は0.1以下なので、パソコンの画面がまったく見えず仕事が進まなくなりました。困ったのですが、ある疑問が湧いてきました。

一日のうちで、見えなくてもいい時間ってどれくらいあるのだろう?

パソコン、運転、食事、ほとんどすべての時間でメガネをかけています。ということは、一日のうちのほとんどの時間を「見よう」としているのです。

少し見ることに頼りすぎていたのではないだろうかと思い、できるだけメガネを外して生活する時間を増やしてみました。

遠くのものはボンヤリと見える中で、近くのものがクッキリと浮かび上がってきました。

見えない中で、見えてくる。

まさに普段とは逆の感覚です。普段は見ることから何かを探しています。見ようとするとある一面を切り取ります。

また見ようというのは、便利を求める心。便利を求めると、無意識に執着やこだわりが増えていきます。もっともっと便利になりたい。だから、少しでも不便さを感じると不満を覚えます。

見えないことは「不便」です。

ただ、不便でいると見えてくるものがあります。これは、執着やこだわりがバラバラに薄まっていく方向といえます。一点にこだわっていた目から、見ようとしないことで全体が浮かび上がってきます。

詳しくは、仕事と禅についてお伝えしているnoteの記事をご覧ください。

 

今回のテーマは「あなたの人生の宿題は?こだわりという本質」です。

実は、私たちの周りには、見えていないさまざまなご縁があります。ただ、ご縁は見ようとしても見えません。

仕事でいえば、人は焦っていると周りが見えなくなります。

それは便利を求める目で見ているから。不便さという状況に自分を置いてみることで、あなたをサポートしてくれているさまざまなご縁が見えてきます。

あなたの人生の宿題は?こだわりという本質 >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ