無心とゾーンへの言葉を使わないプレーとは

無心とゾーンへの言葉を使わないプレーとは
 
禅の修行通して「無心」の探究していると、一つだけ確かなことがあります。
 
「無心になろうとすると無心にはなれない」ということです。
 
スポーツにおいて、ゾーンという状態があります。
 
スポーツやっていると、誰しもゾーン経験しています。
 
そして、もう一度あの状態体験したいと思っても、ゾーンには入れません。
 
メンタルトレーニングしていると、選手達から「どうすればゾーンに入れますか」という質問受けることがよくあります。
 
ゾーンも無心と同じく、入ろうとするほど遠ざかって行くのです。
 
では、無心やゾーンとどう付き合っていけばよいのでしょうか。
 
その一つの鍵が「言葉」にあります。
 
ゴルフ、野球、サッカー、バスケ、陸上、どのスポーツでも選手達は、勝つためにさらに進化しようとします。
 
進化するために、新たな技術習得していきます。
 
進化するために練習することは当たり前すぎて、誰も疑問持たないかもしれません。
 
しかし、ここに落とし穴があります。
 
進化しようとすると、人は言葉でプレー分析します。そして、成功と失敗の理由言葉で説明しようとします。
 

つまり、進化とは言葉が増えていく方向なのです。

言葉が増えるほど、言葉はありのままのプレー縛ります。これが進化の落とし穴です。

 
スポーツにおいて、無心へと近づいていくには実は「退化」が必要なのです。
 
退化とは、言葉減らす方向です。
 

詳しくは、スポーツと禅についてお伝えしているnoteの記事ご覧ください。

今回のテーマは、「無心とゾーンへの言葉使わないプレーとは」です。

 
あなたの言葉見つめ直すきっかけにしてください。
 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ