苦しみは実はあたたかい

苦しみは実はあたたかい フラットでいる禅コーチング
 
ムキになると、言い過ぎてしまったり、やり過ぎてしまいます。
あるいは、白黒で物事を判断しようとします。
 

後から考えると、もっとこうしたら良かったと思うのですが、なかなかその瞬間は気付けません。

自分が偏っていることに気付くのは、なかなか難しいです。

フラットという言葉があります。

フラットには、小さなフラットと大きなフラットがあります。

AだろうかBだろうかといくら考えても、なかなかいい答えが見つからないときがあります。

これは小さなフラット。頭を使うことに偏っている状態であり、残念ながら、すぐにバランスが崩れます。

大きなフラットは、頭を使うだけでは生まれません。

いかに動くか。

思いきり汗を流す。人のために身を粉にしてみる。

動いていると、頭の働きはサポートに回るようになります。

身体と頭がいっしょに協働することで、大きなフラットが生まれます。

生きることと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「苦しみは実はあたたかい フラットでいる禅コーチング」です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ