あなたの人生のテーマは?

禅の師匠である藤田一照老師は、LIFEには3つの層があると話されていました。

まずは生活の層です。仕事や経済、衣食住などをふくめ、いかに豊かな暮らしをするかという視点です。

次は人生の層です。人生の意味や価値です。藤田老師の師匠である内山興正老師は、「豊かな生活 貧しい人生」「貧しい生活 豊かな人生」という言葉で生活と人生について語られたそうです。

生活と人生については、「私」で語ることができます。私の生活、私の人生・・・ここまで「我」の世界であり、言葉にすることが出来るのです。

最後のLIFEは、「いのち」の層です。

「いのち」については、「無我」の世界であり、個人の存在を超えています。まさにここが「仏教のテーマ」と言えます。

藤田老師は、生活と人生の層は「I am somebody.」であり、いのちの層は「I am nobody.」と翻訳されていました。

 
「いのち」は普段私たちが思考しているアプローチでは辿り着けません。「いのち」に触れていくのが信仰の道といえます。

私が生活の中で体験したさまざまな気づきについて、藤田老師にお尋ねすることがあります。これは無心の体験ではないかと。

あるとき、「赤野さんに起こっていることはいのちではなく、いのちの影ではないでしょうか。」と言われました。

そのときはまったく意味が分からなかったのですが、見えているもの、感じられたものはすでに「いのち」ではないということではないかと推察しています。

自己実現の視点では、個人の「我」を超えていくことはできません。いかに、自分がない「nobody」の体験ができるか。

それを体現したのが坐禅です。

そして、坐禅としてのコーチングがあるのではないか。そんな仮説を今いろいろ試行錯誤しています。

生きることと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「信仰とコーチング あなたの人生のテーマは?」です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ