【ゴルフのメンタルトレーニング】 プレーが固くなったときにどうすればよいのか?

【ゴルフのメンタルトレーニング】 プレーが固くなったときにどうすればよいのか?

試合などで緊張すると、動きが固くなるという悩みをお持ちのアスリートは多いです。

ストレッチしたり、深呼吸してなんとか固さを抜こうとすると、今度は逆に緩んでしまうということが起きます。

メンタルトレーニングをしていると、「どうすれば柔らかくプレーできますか?」という質問を受けることがあります。

普通は、固い→柔らかいという流れを考えます。

ただ、これでは残念ながら柔らかくはなりません。

固くなっているというのは、なにか余計な思考が加わっているのです。勝ちたい、ミスしたくない、上手くプレーしたい・・・

ゴルフにおいて、もっとも固くなるのは、1〜2メートルのパッティングではないでしょうか。

「絶対に入れなくてはいけない」という考えが浮かぶと、スムースなストロークは難しくなります。

これを柔らかくしようとしても、自然なプレーにはなりません。

なぜなら、柔らかく打とうというのも思考だからです。思考で固くなったものを思考で打ち消そうとすると、思考同士が喧嘩します。逆に抵抗が大きくなり、身体はどう動けば良いかわからなくなるのです。

これを続けていると、イップスへの方向へと向かっていきます。

柔らかいというのは、固さの逆ではないのです。

スポーツと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「柔らかいプレーをしよう 大地のメンタルトレーニング」です。

柔らかいプレーをしよう 大地のメンタルトレーニング >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ