【ゴルフのメンタルトレーニング】大振りになってしまうとき

【ゴルフのメンタルトレーニング】大振りになってしまうとき

ゴルフや野球、テニスなどのメンタルトレーニングをしていると、試合で無意識に「大振り」になってしまうという悩みを聞きます。

大振りとは、普段よりも大きく振っている状態。

では、コンパクトに振ればいいのではないか思われるかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。

大振りになっているから、コンパクトに振るというのは、頭では理解できても、なかなか身体は表現出来ません。小さく振ろうとして、動きが縮こまってしまったりします。こうなると、今度はリズムやテンポが狂ってしまいます。

大振りからいかにナチュラルなスウィングに戻していくかは、体の動きだけの問題ではないのです。

大振りというのは、心が粗く雑になっている状態といえます。なので、パワーが身体の外に逃げているのです。

試合などで緊張した場面では、人はさまざまなことを考えています。これを取ったら勝てる。あるいは、逆にこれを失敗したらどうしようとか、思考量が増えるのです。

思考が増えるというのは、言葉が増えている状態といえます。言葉が増えるほど、身体の繊細さは失われていきます。

よく本番で「フワフワする」とか「地に足がついていない」という表現をすることがありますが、まさに身体が大地とつながっていないのです。

これだと、どんなに力をいれてもパワーは出ません。パワーが足りないので、頭はさらに力を入れるように指令を出します。これが本番で「力む」構造です。

力みが大振りを誘発します。

いかに力を入れるのではなく、いかにパワーを外に逃がさないか。その鍵は大地とつながるプレーにあります。

スポーツと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「大地のメンタルトレーニングその2 主役は地面 自分は脇役」です。

大地のメンタルトレーニングその2 主役は地面 自分は脇役 >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ