頑張り過ぎていっぱいいっぱいになるアスリート向け 初心のメンタルトレーニング

頑張り過ぎていっぱいいっぱいになるアスリートへ 初心のメンタルトレーニング
 
試合になると、緊張や不安で心が「いっぱいいっぱいになる」という悩みをスポーツ選手からよくお聞きします。
 
「いっぱいいっぱい」というのは、まさに心の中にまったくスペースがない状態といえます。まったく余裕がない状態ともいえます。
 
心にスペースがない状態は身体に大きな影響を与えます。視野は狭くなり、いわゆる「間」がなくなり、スムースな動きが出来ません。
 
メンタルトレーニングでは、いかに心にスペースを作っていくかを練習していきます。
 
ちなみに、私自身はコーチとしてセッションするのが仕事ですが、普段の生活では、仕事をしていない時間を大事にしています。
 
仕事をしていない時間とは、瞑想したり、本を読んだり、考え事をしたり、メルマガなどの原稿を書いたりしています。
 
考えることは好きなのですが、頭が固くなりがちです。なので、考えた後、そのままセッションに入るのはあまりよくありません。森を散歩したり、海の風に吹かれていると自然にリセットされていきます。
 
のんびりとした時間を過ごすことで、心にスペースが生まれてくると、頭も柔らかくなります。
 
そして、また初心でセッションにのぞみます。
 
一週間の時間の使い方を計算してみると、セッションしている時間の倍以上の時間を、身体と心を整える時間に使っていました。
 

以前は、一日の中に立て続けにセッションを入れていた時期もありました。自分なら出来ると思っていたのですが、余裕がなくて、いっぱいいっぱいになってしまうこともあったのです。

すると、クライアントの状況を聴く深さや広さに影響してきます。同じように関わっているつもりでも、もう一歩深く聴けなかったり、本心に辿り着く前にアドバイスしてしまったりと、関わりが淡泊になってしまうのです。

 
充実したセッションは、セッション以外の時間を大事にすることから生まれます。
 
今回は「初心のメンタルトレーニング」というテーマをお伝えしますが、初心は試合だけでやろうとしても、それは難しいです。
 
いかに試合以外の時間の過ごし方を大事にするか。
 
詳しくはnoteの記事をご覧ください。
 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ