やりたいことはなくていい

最近、クライアントさんとのコーチングのセッションは「2人坐禅」ではないかと思っています。

 

坐禅は「なにもしないことをする」ことです。ただ静かに坐り、息は息に任せ、身体は身体に任せ、心は心に任せていきます。

普段、人はなにかを常に考えています。クライアントさんも懸命に問題を解決しようとします。

 

1人で何かを考え、解決しようとするアプローチが一般的です。ただ、熟練したビジネスパーソンほど、自分だけの力で出す答えには限界があることを知っています。

 

いかに周りの力を借りるか。

コーチをやり続けて見えてきたことがあります。それは「自分がないのがコーチ」だということです。

コーチとは話を聴くのが役割です。「ただ聴く」というのが、一番難しいです。それは、余計なことをしないことが必要だからです。

 

コーチとしてなにもしないことは、最初から出来るわけではありません。経験の中で、なにもしない技を磨いていきます。

 

コーチングという構造は、コーチとクライアントの2人で行われます。セッションではクライアントさんが問題だと思っているものを2人の前に置いて、いっしょに坐禅を組む感じでしょうか。

 

コーチが自分の中にあるジャッジを手放して、ただクライアントさんの話を聴いていきます。

 

最初は「私が相手の話を聞く」からはじまります。それが次第に「相手」「聞く」「私」という境界がだんだん消えていくのです。

 

そして、コーチの存在が消えていくと、次第にクライアントさんも、自分が考えるという、「自分」へのこだわりが少しずつ薄まっていきます。

 

すると、どこかで今まで考えていたこととは、まったく別の気づきがやってきます。これはクライアントさんが考えたものでもなく、コーチがアドバイスしたものでもありません。

 

どこから風のように「智慧」がやってくるのです。

 

だから、コーチは、セッションに際して、目的もゴールも、やりたいこともなくていいのです。

 

生きることと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

 

今回のテーマは「やりたいことはなくていい」です。

やりたいことはなくていい >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ