人生が反転するとき4 自我で作った輪郭が消えていく

人生が反転するとき4 自我で作った輪郭が消えていく

周りにいる人や音が気になって異物に感じる時があります。

こういうときは、頭が頑張っている状態といえます。頭が頑張っていると、周りとの間に境界を作りだし異物に感じるようになるのです。

仕事において周りを異物に感じているとき、さまざまなことでぶつかります。些細なことでムキになったり、逆に周りから反発を受けたります。

一方で、周りの音や人の存在が心地よく感じる時があります。

これは、自分と周りが馴染んでいる状態です。自然に周りと調和が生まれ、物事はスムースに進みます。

異物に感じるかどうかは、あなたの自我が影響しています。

仕事やスポーツに禅をいかすことをお伝えしているnoteの記事をアップしました。

今回のテーマは「人生が反転するとき4 自我で作った輪郭が消えていく」です。

人生が反転するとき4 自我で作った輪郭が消えていく >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ