怖いものは大きく見える 師匠が15分の1に見えたとき

今から8年前、藤田一照老師にはじめてお会いしたとき、この人から禅を学びたいと心から思いました。

そして、修行をさせていただく中で、尊敬の念は強くなっていきました。

しかし、数年前から、老師が怖いと思うようになりました。

何が怖いのか、正直よく分かりませんでした。この2年ほどは、話すこともできなくなっていました。

自分の何がダメなのか。自分の不甲斐なさが情けなくなりました。またこんなに頑張っているのに何で認めてくれないのか。師匠のことを責めたこともありました。

ただ、これはすべて表面的な現象です。

この苦しさを生み出している、私の中の奥深くにある「こだわり」「執着」はなんなのだろう。そんな問いをずっと持ち続けていました。

先日、藤田老師の勉強会に参加しているとき、師匠の姿がとても大きく見えていることに気づきました。他の参加者もいるのに、周りがまったく見えていないのです。

師匠だけが大きく見えている。これは私の意識が作り出した光景だったのです。

藤田一照老師は、ある場で「自分は、名前のように一隅を照らす人でありたい。」と言われていました。

しかし、勝手に私の方が、偉大な存在に祭り上げていたのだと思います。

noteの記事をアップしました。
今回のテーマは、「怖いものは大きく見える 師匠が15分の1に見えたとき」です。

>>怖いものは大きく見える 師匠が15分の1に見えたとき

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ