無心のビジネスへの道 許せないから許せる

無心のビジネスへの道 許せないから許せる

最近、許せないと思うことがよくありました。

なんでそんなことをするのだろう・・・。
私の気持ちを分かってくれていない。

許せないというのは、何度も出てくるテーマです。人生で与えられた宿題かもしれません。

宿題に取り組む中で、許せないことは、自分の中で変質しているように思います。

とても固くて冷たかった「許せない」が、少しずつ柔らかく温かくなっているような。

この数年は「許せないことも許す。許さないことも許す。」というフレーズがお気に入りでした。

それでも、許せないことはどんどんやってきます。自分では手に負えないこともたくさんあります。

この一ヶ月ほどは、また許せないこととお付き合いしていました。

いろいろなことに過敏になっていて、自分にとってもあまりいい精神状態ではありません。少なくとも、今この瞬間まではそう思っていました。この瞬間までは。

許せないということは、この世界のほんの一部。その横には許せる世界が広がっている。そんなイメージがどこからかやってきました。

許せないことを言語化するということは、特定の何かを切り取るということです。ということは、切り取った周りには広大な世界が広がっています。

私はこれまで「言葉の世界」を重視してきました。見えるものを大事にしてきたとも言えます。

言葉に切り取ったものがあれば、切り取られていない世界がある。それは、まだ見ぬ未知の世界が広がっているということです。

なんとか言葉にしようとしていくだけでは、この世界を知ることはできません。言葉になっていない場所を大事にしてみること。

許せないという言葉が湧いてきたときは、許せることを体験できるチャンスでもあります。何が体験できるかと思うとワクワクし好奇心が湧き出してきます。

今この瞬間にどこに身を置くかで、生きる世界は変わってきます。

言葉で切り取った見える世界と切り取られていない見えない世界。

両方を感じられるようになると、言葉にしたときの味わいが、より広く、豊かになっていきます。

それが何より嬉しい。

禅と仕事についてお伝えしているnoteの記事をアップしました。

今回のテーマは「無心のビジネスへの道 ご縁に身を任せる」です。

おかげさまで、食堂の場所も決まりました。今内装の工事に入っています。順調すぎて自分でも怖いほどです。

https://note.com/zen_akano/n/n55a65f48a25a

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ