油断と隙から見えてきた新しいこと 今をサーフィンする禅コーチング

油断と隙から見えてきた新しいこと 今をサーフィンする禅コーチング

私は日々平穏に送りたいです。だから、何か突発的な出来事が起こるのがとても嫌です。どこかで、同じように安定した状態で仕事をしたいと思っていました。

しかし、食堂を運営していると、予期しない出来事ばかり。しかも、嬉しくない出来事の方が圧倒的に多いです。

これまで何度かお伝えしてきましたが、この世は無常です。常に同じ時はありません。

しかし、どこかで人は安定を求めます。誰も自分を傷つけず、周りに心を乱されず、自分だけはいつも安定した幸せな世界に暮らしたい。

自分の求めるあり方に外の世界を合わせてもらおうとするのです。

しかし、これは世の中の真理とは真逆の欲求です。

周りは常に変化し、まったく自分の思い通りにはならない。

これを頭で考えると、自分の周りにフェンスを張り巡らし、誰も無断で立ち入れないようにするかもしれません。常に危険に対して敏感で、失敗して誰かに批判されないようにピリピリとしています。これは、無常の流れからエゴが飛び出ている状態です。

一方で、世の中の無常の流れに身を投じるあり方があります。まさに身体で生きるということです。

身体で生きていると、同じではない今を感じることが出来るようになります。周りとダンスしながら生きるイメージでしょうか。

本当は周りが自分に合わせるように求める方が苦しいのです。まったく思い通りにならない無常の今を生きることが楽なのです。

禅は、無常の今を生きるためのさまざまなヒントを与えてくれます。

生きることと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。

今回のテーマは「油断と隙から見えてきた新しいこと 今をサーフィンする禅コーチング」です。

油断と隙から見えてきた新しいこと 今をサーフィンする禅コーチング >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ