【禅語 回向返照】 真実を生きる 自分に嘘はつけない

楽しい、ワクワク、ルンルン・・・

これはいわゆるポジティブとされている感情です。

苦しい、クヨクヨ、メソメソ・・・

これはネガティブとされている感情です。

「されている」とあえて書いたのは、実はそうではないからです。

ポジティブは歓迎し、ネガティブは避けようとするのは、当たり前のようですが、それは表面的な姿を見ている状態。

人は感情を「見た目」で選り好みするのです。

ポジティブな感情はもっと欲しいと思います。一度体験すると、次のポジティブを期待します。

その期待は、残念ながら失望に変わったりします。ポジティブは気がつかないうちにネガティブに変化するのです。

一方で、ネガティブな感情は極力避けないと思います。

ただ、ネガティブな体験をしているときに、誰かに助けられたりすると、そこに希望が生まれたりします。

すべての感情は、選り好みできるものではないのです。自然に生まれ、自然に去って行くのです。

そして、人によって、感情を感じられるセンサーの感度が違います。

楽しさは感じるのが得意な人がいます。一方で、不安を感じるのが得意な人がいます。

では、幸せな気持ちとはなんでしょうか。

ポジティブ、ネガティブを超えたところにあります。

生きることと禅についてお伝えしているnoteの記事を更新しました。
 
今回のテーマは「真実を生きる 自分に嘘はつけない」です。

真実を生きる 自分に嘘はつけない >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ