能動的な眠りと受動的な眠り 寝ようとするほど眠れない理由とは

「静けさ」という音を聴いたことがありますか?

漫画では何も音がない状態を「シーン」と描かれていたりします。

音がない音。

昼間活動しているときには聞こえてこない音です。夜布団にもぐりこんだとき、静けさがやってきます。

ただ、そのときいろいろな考え事をしていると、静けさの音は聞こえてきません。頭が緊張しているので、なかなか眠りはやってきません。

これはまだ昼間の活動が続いている状態です。

眠りのモードに切り替えられるか。

昼間の能動的態度から受動的な態度へとモードをチェンジする必要があるのです。

頭の力がスッと抜けると、静けさの音が聞こえてきます。

仕事やスポーツに禅をいかすことをお伝えしているnoteの記事をアップしました。

今回のテーマは「能動的な眠りと受動的な眠り 寝ようとするほど眠れない理由とは >>」です。
https://note.com/zen_akano/n/nc2c0bf022555

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ