真実はあとでわかる アクが抜けた言葉とは?

真実はあとでわかる アクが抜けた言葉とは?

コーチングというと、ミッョンや夢を探すことであったり、目標を立どう着実に行動に移すかだと思われいる人が多いと思います

私はコーチングの醍醐味を「振り返り」だと考えます

というのも、行動たことに対の評価や判断が多くの場合、間違っいるからです。

あなたが、ダイエットたいと考えいるとます

理想の体重を設定何キロ痩せなければならないという目標が生まれますそのために、どういう食生活にするか。また、運動をするか。いろいろな計画を立るでょう。

こうた計画はなかなか上手くいきません。また、一時的には達成も、半年後にはリバウンドいるかもれません。

そうやっ、ダイエットという課題を達成できないことに対「努力は無駄だった」「飽き性な自分が嫌になる」「もうどうにでもなれ」という評価やレッルを張るのです。

問題は計画通りにいくかどうかではないのです。本当の問題は、何かをた後の、振り返りにあるのです。

私たちは前に向かっ生きいると見えます

振り返りというのは、後に起こっいること。だから、ないがろにがちですが、実はこの振り返りの質が、今起こっいることを大きく左右ます

何かをいる最中には、見えないことがあります。後になっ分かっくることがあるのです。

一ヶ月はどうだったか。
一週間はどうだったか。
昨日はどうだったか。
今日はどうだったか。
やっどうだったか。

また、コーチングのセッョンでは、「ここまで話どうだったか」という質問をます

振り返ることで、そのときの体験が、イキイキと蘇っますあのとき以上に、味わい深いものだったります

この振り返りの体験が、今この瞬間の豊かさを磨いいきます

ダイエットを単に数字的に成功か失敗で捉えると、またダイエットは上手くいかないでょう。それは、行動たあとのジャッジが貧弱だからです。成功か失敗だけでは、人の身心はワクワクないのです。または、達成たら終わっまうのです。

何かを行動た後の振り返りが深いほど、何かをいる瞬間の体験への感度も深くなっいきます

成功か失敗ではない、人生を新く豊かにくれる「気づき」が生まれくるのです。

ちなみにダイエットにも、体重が減るかどうかだけではなく、もっとさまざまな気づきがあるのです。気づきが多いほど、生活の中でさまざまな工夫の余地が生まれます実はダイエットはもっと面白く、新たな発見をもたらくれるのです。

工夫続ける生き方。それが本質に迫っいくあり方です。

仕事やスポーツに禅をいかすことをお伝えいるnoteの記事をアップた。

今回のーマは「真実はあとでわかる アクが抜けた言葉とは?」です。

真実はあとでわかる アクが抜けた言葉とは? >>

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ