アメリカ挑戦日記59 壁を乗り越えるために『心を空にする』

アメリカプロジェクトが始まり、2年が経ちました。
過ぎてみると本当に早いものですね。

今回も色々な壁にぶつかりました。
むしろ、セミナーや個人セッションをしている時以外は壁だらけ
と言った方が正確かもしれません(笑)
集客の壁、アメリカ人社会への壁、ビジネスの壁…

そんな中で、今回は特に、チームで話し合う時間を大切にしました。
色々な分野でサポートを申し出てくださる方のおかげで、
チームでの話し合いができるようになりました。

現状の分析を行い、今後の戦略について話し合っていると、
次々と壁を突破するためのヒントが生まれてきました。

特に、顧客分析の専門家がチームに加わり、
今回は、過去10回の数字を具体的に分析することが出来ました。

一つ一つの数字を見ていくと、色々な事実が見えてきます。
頭でイメージしていたのとはかなり違うことも分かり、課題が明確になりました。

どうしても、人は思い込みで突っ走ろうとします。
その方が、スピード感があるように感じますし、一瞬はエネルギーも上がります。

また、過去の努力から得られたことにこだわります。
好き嫌いにもとらわれますし、人の評価を気にします。

正直言って、思い込みで行動するのは楽だったりします。
いいところだけ見て、進みたいのが人情です。

しかし、壁にぶち当たった時こそ、そうした思いを一度捨てて、心を空にできるか。
思い込みやイメージではなく、ゼロに心を戻して、事実を客観的に見つめられるかだと思います。

すると、空にした心に、新たなアイデアが湧き出てくるのです。
思い込みと期待でいっぱいになった器には、アイデアは沸いてきません。

おかげさまで、次回訪米までの3か月の取り組みも明確になりました。
クライアントさんにはいつもお伝えしているのですが、やはり振り返りは大事ですね。

恐らく、これからも上手くいかないことの方が多いのだと思います。
しかし、今回感じたことは、決して希望を失わないこと。
そのために、色々と本音で話し合って突破口を見つけられるかが、
継続の鍵になるように思います。

そのために、何度でも「心を空にしてゼロベースで見つめたい」と思います。

これから3年目の挑戦になりますが、素晴らしいスタートを切ることができました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ