限界を突破したいあなたへ

当協会では、特に下記の分野にて一流を目指す方への禅メンタルトレーニングを提供しております。

スポーツ
メンタルトレーニング
アーティスト
メンタルトレーニング
 ビジネス
メンタルトレーニング

初心

 この言葉は禅の師匠からいただいたものです。今、日本は世界との共生の時代に突入しています。スポーツもアートもビジネスも世界に挑戦していく力が必要です。世界という大きな視点から物事を見られる力、そして世界に挑戦していく 勇気、これらがこれからの「生きる力」です。そのためには、まず日本人としてしっかりと心の軸を作ること。例えば武道、茶道、華道など「一生かけて道を極めていく」という考え方が日本には古くからあり、「禅」の考え方が基本になっています。決しておごらず、初心を忘れないことが成長の要です。さらに、この土台に科学に基づいた指導が加わることで、1人1人が持つ才能と可能性を最大限に引き出していきます。従来の根性論ではない、かといって欧米の真似でもない、世界でも類を見ないメンタルトレーニングを提供していくことをお約束します。

代表理事 赤野公昭

初心の画像

禅メンタルトレーニングとは

禅メンタルトレーニングとはの画像

 東洋の「禅」という心の原理原則と、西洋の「心理学」や「脳科学」をベースにしたメンタルサイコロジーを融合させ誕生したのが、禅×メンタルトレーニングメソッドです。日本人のメンタリティを生かしながら、世界で活躍できる選手を育てるメソッドです。禅は人生を豊かにし、成功するための教えの宝庫です。アップルの創業者、スティーブジョブズ氏も「禅」を実践したことで有名ですが、今世界中で「ZEN」をビジネスやスポーツなど様々な活動に生かしている人たちが増えています。禅は究極にシンプルにしていくことです。科学は、知識や能力を足していくことです。能力を最大限に 発揮するには、「禅の引く力」と「科学の足す力」の両方が必要なのです。

基本となる3つの考え方

1.「無限の自信」

無限の自信の画像

メンタルに良い、悪いはありません。人の心は本来、黄金なのです。しかし、人は結果が出なければ自分を否定します。 否定すれば、自信を無くしていきます。否定や疑う心は黄金を覆う泥です。また結果を求めすぎて焦ったり、人と比較す るなど、心にはさまざまな泥がつきます。心を覆っている泥を取り除くことで、人は本来の輝きを取り戻します。これこ そが「無限の自信」です。どんな時も自分を100%信じきる力。失敗を乗り越え、持続的に成長し続けられる心こそが、 真のメンタルタフネスなのです。

2.「今この瞬間に突き抜ける」

今この瞬間に突き抜ける画像

今に生きることの重要性はみなさんもご存知かと思います。しかし、実際にどうすれば今この瞬間を捕まえられるかは、難しい。なぜなら、人の心は過去や未来、他人に持っていかれるからです。集中力を研ぎ澄まし、どんな時でも平常心を持てるようになるために、心理学のフロー理論、マインドフルネスといった最新のメンタルトレーニングを活用していきます。

 

 

3.「ゼロメソッド」

ゼロメソッドの画像

相手に勝ちたいという戦う心だけでは、実は結果を出し続けることはできません。例えば、剣道では相手に勝ちたいと思った瞬間に剣が鈍るのです。最高のパフォーマンスは「我(エゴ)」を捨てた「無心」から生まれます。世界で活躍する一流のアスリート、アーティストが実践している様々な心のスキルや哲学をゼロメソッドとして体系化し、提供していきます。

 

ジョセフ・ペアレント博士からのメッセージ

 ジョセフ・ペアレント博士は、アメリカの心理学者であり、スポーツ心理学と禅の英知の組み合わせにより30年以上のトレーニング実績を誇っています。世界を代表するゴルファー、ビジェイ・シン選手は、極度の不振に陥っていたとき博士に出会い、トレーニングを受けることで、その当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったタイガー・ウッズを退けて世界ゴルフランキング1位の座をつかみました。博士はPGAとLPGA(クリスティー・カー選手 2010年)の双方で世界ランキング1位の座に上り詰めた選手を育てた、現時点で唯一のメンタルコーチです。著書「禅ゴルフ」(ちくま文庫)他

 代表の赤野は、2013年にアメリカの博士のもとを訪れ、禅ゴルフのメソッドを伝授いただきました。日本人に教えたのは初めてだったそうです。以来師匠と弟子としての交流が続いています。

ゴルフメンタルトレーニング ゴルフダイジェスト連載中!

サブコンテンツ

このページの先頭へ

『禅メンタル通信』配信中!