「禅×メンタルトレーニング」の記事一覧

弾力のある組織とは?わたしたちのチームへ

この数年、毎朝続けている日課があります。それは一行日記です。朝、日記を書くのです。 まずは昨日の振り返り。コーヒーを飲みながら、昨日何が起こっていたかを思い出します。 このとき大事なのは、原因や理由の分析をしないこと。た・・・

いのちの弾力とは 「私などない」からスタートしましょう

私たちはいろいろな言葉を使います。 酷いことを言ってしまったとき、なんて自分は性格が悪いのだろうと思ったりはしないでしょうか。あるいは、言葉に出さなくても、自分にとって都合の良いことばかりを考えていたりします。 以前は、・・・

怖いものは大きく見える 師匠が15分の1に見えたとき

今から8年前、藤田一照老師にはじめてお会いしたとき、この人から禅を学びたいと心から思いました。 そして、修行をさせていただく中で、尊敬の念は強くなっていきました。 しかし、数年前から、老師が怖いと思うようになりました。 ・・・

スランプが消える〇〇とは? 言葉が増えると身体が重くなる

スランプが消える〇〇とは? 言葉が増えると身体が重くなる

  ビジネスでもスポーツでも、ここ一番という場面でどうすれば力を発揮できるのかは大切なテーマといえます。 ここ一番で上手くいくケースを見ていると、「言葉が少ない」のです。 逆にいえば、やたらと言葉が多いときは、・・・

私はなんでこんなに性格が悪いのか?波が海に戻るとき

なんでこんな言葉が浮かんでくるのだろうと思うことはありませんか。 私の場合、突然残酷な言葉が浮かんできたりします。 以前は、自分は性格が悪いと思っていました。なんとか性格を良くしようとして、禅を学びました。しかし、今でも・・・

頭が疲れていませんか? 腹八分目、思考も八分目でいきましょう

腹八分目で食事を終えるというのは、頭で分かってはいても実際にはなかなか難しいです。以前は、ご飯が美味しくてつい食べ過ぎてしまったりしていました。 また、もっと食べたいのを我慢していると、どこかで反動がやってきたりします。・・・

人は「思い込み」で生きている 心の鍵を開けましょう

人の話を聴くのが仕事です。聴くというのは本当に奥が深いです。 コーチになって、最初は聴くことが難しいと感じていました。 あるとき、自分は聴けていると手応えを感じました。 しかし、その手応えは幻であることに気づきました。 ・・・

「ぬくもり」を感じるとき 心の温度とは?

人は幸せに生きるために「持っていないもの」を足そうとします。ただどんなに高い評価を受けても、高価で素晴らしいものでも、付け足したものは、なくしても実はそんなにショックは大きくはありません。実は、なくしたときに…

勉強が苦手な方へ 「脱学習」の生き方が輝くとき

あなたは、勉強が得意ですか?それとも苦手ですか? 私は、大学受験で勉強に行き詰まりました。今でも、知識を習得する勉強は苦手です。 クライアントさんでも、いわゆる勉強が苦手という方が結構おられます。 もちろん、知識を得る勉・・・

これが正しいと思ったときが危ない 「こだわり」が相手を傷つける

「これが正しい」と誰かが主張しているとき、あなたはどう感じるでしょうか? 正直、私は逃げ出したくなります。 言いたいことは分かります。それは理論的には正しいのかもしれません。 でも、正しいことを主張されるほど、「間違って・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ