高校生のメンタルトレーニング 本気の笑顔

インターハイ予選にむけて、最後のメンタルトレーニング。

大会を前にして、「迷惑をかけたら申し訳ない」「自分が勝たないとダメ」

こう考えるメンバーが必ず出てきます。緊張が高まっている選手は表情が暗い。自分は今ここにいてはいけないという孤独感を感じるのです。

実は、緊張は孤独と大きく関係しています。

いかに安心感をみんなで作るか。

あらためて、みんなで大会にむけてのテーマを話し合いました。

男子チームのテーマは「楽しく」
女子チームのテーマは「明るく」

みんなで支えてあう。一人一人の試合を全員で戦う。

そして、みんなで安心感を与えあう身体のエクササイズをしました。緊張感を和らげるには、身体からのアプローチが有効です。

メンタルトレーニングの最後には、いつものエネルギーが戻ってきました。

本気の笑顔はいいですね。

それにしても3年生はこの一年で本当に成長しました。高校生にとって、最上級生という立場が、心を磨いてくれるのだと感じます。

やることはやりました。

メンタルコーチとして、青春のかけがえのないひとときを一緒に過ごさせていただけて、本当に幸せです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ