赤野公昭代表のページ

赤野公昭代表挨拶

 私は壁にぶち当たっているアスリートにこそ是非出会いたいのです。

 頑張っているのに力を発揮できない。さまざまなレッスンを受けてもうまくいかない。自分のプレーに限界を感じている。イップスになった。

 そんな人の最後の砦として必ずお役に立ちます。必ず壁は突破できます。どん底を感じた時が千載一遇のチャンス。どん底から這い上がり、世界を制する!!それが私のミッションです。

 はっきりいいます。不安でいいのです。そして緊張するのも当然のことなのです。自分を否定するのが一番メンタルにとって良くないことなのです。不安であれば不安からスタートする。そういう自分を認めてやることが大事なのです。

 自分を否定した究極がイップスです。恥ずかしながら私自身イップスになった経験があります。もっと上手くなりたい。そのためにはもっと良いスイングと高い技術を身につけなければならない。しかし努力すればするほど私のゴルフは崩れていきました。結果的にはドライバーがトップから降りてこなくなりました。このときの絶望感は忘れられません。ゴルフを止めようとも思いました。

 しかしこのどん底の状況の中で、自分をすべて否定していたことに初めて気づきました。結果が出ない自分を責め、自分のスイングは汚い、もっと飛ばさなくては駄目だと、理想ばかりを追い求めていたのです。それが自分を苦しめ、イップスへと追いやったのです。

 そこで、まずはメンタルトレーニングを自分自身で実践することからスタートし、イップスを克服することにも成功しました。様々なメソッドが効果を発揮しましたが、一番はどんな自分でも肯定し、信じ、認めてやることでした。この本当に苦い経験は私のメンタルコーチとしての土台になっています。

 ひょっとしたらあなたが自分のことを「上手い」と思いすぎているのかもしれません。プロやトップアマチュアであれば「ゴルフが上手い」のは間違いないのですが、それが変なプライドになっていませんか。本当は自信がないのに隠していたら、それは自分を守るためのプライドです。自分を守るためのプライドは本来の実力を出すことを邪魔します。「そんなに上手くない」というところからスタートすることで、自分のゴルフに向き合うことができるようになった選手も多くいます。

 こう聞かれて少し驚かれたかもしれませんね。実は頑張っているはずなのになぜか苦しい、力が発揮できないという状況は、あなたのメンタルと体とスキルがうまくかみ合っていないのです。一方で、自分のメンタルというのは実は自分が一番分からないものです。だからこそ、いっしょに考えてくれるパートナーが必要なのです。

 私はこれまで6000時間を超えるコーチングセッションを通して、クライアントが勇気を持って人生と向き合うことで心の自由を手に入れ、最高のパフォーマンスを発揮する場面に多く出会ってきました。

 人は少しでも自分が成長できたときにエネルギーがあがります。これは技術だけではなく、心の成長も同じです。不安や緊張で力が出ない自分、不完全な自分が悪いのではなく、昨日よりも今日、今日よりも明日と、1ミリでも成長できたときに人は充実感を感じるのです。その成長こそが世界への扉を開くのです。

40歳からのアメリカ挑戦日記

201502usa1 2013年からアメリカでの挑戦を開始しました。

 第一弾のセミナーとして、2015年2月に、ロサンゼルスでメンタルトレーニングセミナーを開催することができました。4月に再度渡米し、アメリカ在住の日本人、日系人、日本語が話せるアメリカ人にむけて、日本古来の禅と西洋のメンタルトレーニングの最新理論を組み合わせた「禅×メンタルコーチングメソッド」を提供し、ご好評をいただいています。

 お陰さまでこれまでに500人以上の方に受講いただきました。今後も2カ月に一度程度渡米し、禅メンタルメソッドをアメリカ全土に広げる野望を抱いています。

 アメリカ進出の詳細は下記の関連記事をご覧ください!

201504usa4

【アメリカ・ラジオ番組】赤野公昭コーチのPowerful Life

ロサンゼルスで放映されているラジオ番組『赤野公昭コーチのPowerful Life』を日本でもご覧いただけるようYouTubeにアップいたしました。

過去の番組はこちらからご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ