アメリカ挑戦日記13 ラウンドレッスン

20140509本日はレッスン最終日。
実際にラウンドしながら実践的なトレーニングを教わりました。

きょう一番の気づきは「技術的な感覚」と「フィーリング」は違うということ。よくショットのあとに「右手がかえった」とか「ヘッドアップした」という風に振り返りますが、むしろ自信をなくしていきます。そうではなく、どのゴルファーも経験があると思うのですが「何となくいい球が打てそうだ」という感覚がいいフィーリングです。状況や心の状態を分析することでいいフィーリングを再現することができるのです。

ちなみに私自身もレッスンの中で、パターが劇的によくなりました。先生もこれまでの生徒の中で一番よくなったというお褒めの言葉をいただきました。お世辞もあると思うのですが、私自身が自分の変化に驚いています。

さあこれで充電は終わりました。これから日本に返って、選手たちに学んだことを実践するのが楽しみです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ