「ゴルフ×メンタルトレーニング」の記事一覧

スポーツのメンタルトレーニングと禅 焦りを感じたとき心を静めるために

野球やテニス、ゴルフなどスポーツにおいては、「焦り」が発生すると、いいパフォーマンスをあげるのは難しいです。いかに「焦り」と上手に付き合っていくのかはメンタルトレーニングの大事なテーマです。 どのアスリートも、「焦り」を・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 心をフラットにする3点のプレー

皆さんは苦手な状況でどんなプレーをしているでしょうか? ミスを避けようと消極的になる。 嫌なイメージを振り払おうとして無理に攻めていく。 残念ながら、いずれのケースもあまりいい結果を生み出しません。 どんなスポーツでもプ・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 グルーヴしましょう

身体と心が調和したときに、最高のパフォーマンスが生まれます。スポーツは身体のアートといえます。 ゴルフではそこにクラブ、野球ではバット、テニスではラケットが加わり、身体と心と道具の総和が「リズム」となっていきます。 選手・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 自律神経のバランスをとりましょう

寒い日が続いていますね。 皆さんは寒さは得意ですか? アスリートでも冬が好きな選手と苦手な選手がいます。 そして、冬にパフォーマンスが下がる選手達には、手や足が冷たい選手達が多いのです。 これは末梢神経まで血が巡っていな・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 「とき」を感じる

退屈なときには、時間を長く感じます。 一方で、何かに夢中になっているときには、時があっという間に過ぎていきます。 「とき」というのは、自分自身の状態によって、早くも遅くもなります。 また、なにかに怒っているときは、「とき・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 得意というのは危険な罠

上手くいっているときには、得意なものがあることは幸せに感じます。 しかし、上手くいかない局面では、得意なものが逆に苦しみになります。 スポーツ選手をみていても、ジュニアの時に得意だったプレーが一番苦手なプレーに変わるケー・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 逃げたいときには動かない まずは止まってエネルギーをためる

人は緊張したり、不安になると、逃げたくなります。これは人間との自然な本能といえます。 スポーツにおいて緊張した場面では、身体が思うように動かなくなります。それを無理に動かそうとすると、普段とはまったく違うぎこちない動きに・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 体が動かない時には、まず止めましょう

緊張したときには、身体が動かなくなります。 大事なパッティングのときには、手が動かなくなる。 大事なサービスのときには、足が動かなくなる。 ここ一番の投球で、腕が振れなくなる。 動かないので、必死で動かそうとします。 し・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 ぼーっとしましょう

仕事でもスポーツでも「ぼーっとする」ことがなかなか難しい人がいます。 いつも何かを考えたり、忙しく動いたりするのが当たり前になっているのです。 ぼーっとするというのは、心のスペース。 スペースが狭いと、いざという場面や緊・・・

40歳からのアメリカ修行日記153 練習しすぎは危険

きょうは、ゴルフのラウンドレッスンでした。 もう2年以上指導させていますが、今回はトレーニングが始まる前に、 「赤野コーチ、ゴルフが楽しくなってきたので、この数か月ほぼ毎日練習に行ってきました。ただ、なぜか最近絶不調なの・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ