一般社団法人国際禅メンタルトレーニング協会

ゴルフ、野球、テニスプレイヤーなどのアスリート、アーティスト、ビジネスパーソン向けに、赤野公昭代表を中心に欧米のメンタル理論と東洋の禅の考え方を融合したメンタルトレーニングを提供します。

「ゴルフ×メンタルトレーニング」の記事一覧

ミスが怖いゴルファー向け ナイスなミスへのメンタルトレーニング

【ミスが怖いゴルファー向け】ナイスなミスへのメンタルトレーニング

失敗はどの選手にも起こります。メンタルトレーニングでは、いかに「ナイスなミス」をできるようになるかに取り組んでいきます。ナイスなミスへの鍵となるキーワードは…
週刊ゴルフダイジェストで「構えたらサッと打つ」

ゴルフのメンタルトレーニング 構えたらサッと打つ

今発売中の週刊ゴルフダイジェストで「構えたらサッと打つ」というテーマが特集されています。マスターズ優勝という偉業を成し遂げた松山英樹選手も、一時はパッティングで構えてから打つまでに時間がかかっていました。
【ゴルフのメンタルトレーニング】大振りになってしまうとき

【ゴルフのメンタルトレーニング】大振りになってしまうとき

ゴルフや野球、テニスなどのメンタルトレーニングをしていると、試合で無意識に「大振り」になってしまうという悩みを聞きます。 大振りとは、普段よりも大きく振っている状態。では、コンパクトに振ればいいのではないか思われるかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。大振りになっているから、コンパクトに振るというのは、頭では理解できても、なかなか身体は表現出来ません。
【ゴルフのメンタルトレーニング】 プレーが固くなったときにどうすればよいのか?

【ゴルフのメンタルトレーニング】 プレーが固くなったときにどうすればよいのか?

試合などで緊張すると、動きが固くなるという悩みをお持ちのアスリートは多いです。ゴルフにおいて、もっとも固くなるのは、1〜2メートルのパッティングではないでしょうか。「絶対に入れなくてはいけない」という考えが浮かぶと、スムースなストロークは難しくなります。これを柔らかくしようとしても、自然なプレーにはなりません。
最後の1センチにかける 自分を消す無心のメンタルトレーニング

【アスリート向け】自分を消す無心のメンタルトレーニング 最後の1センチにかける

アスリートへのメンタルトレーニングでは、以前のようなスムースな動きが出来なくなったという悩みをよくお聞きします。頭からの指令では、筋肉が大きく動きすぎるのです。あるいは、部分だけを動かそうとして全体の調和が失われるのです。最適なプレーに必要なのは…
スポーツのメンタルトレーニングでの「質」の視点 

スポーツのメンタルトレーニングでの「質」の視点 

質は目に見えません。どう質が変わったかは、定量化出来ないのです。よく指導者が、「もっと質をあげる練習をしろ」と言っている姿を見ます。なんとなく言いたいことは分かります。しかし、多くの選手が具体的に何に取り組めばよいのか分からず困るのです。
ゴルフのメンタルトレーニングって?

ゴルフのメンタルトレーニングって?【週刊ゴルフダイジェスト誌】

今発売中の週刊ゴルフダイジェスト誌で、ゴルフのメンタルトレーニングについて特集されています。 ゴルフダイジェストの編集者から、「メンタルトレーニングに興味のある読者も多い。ただ、メンタルは技術に比べて目に見えないので、なかなか捉えどころがなく伝えるのが難しい。具体的にどのようなトレーニングをしているのか知りたい」というオファーをいただきました。今回の特集のテーマは「そもそもメンタルトレーニングってなに?」です。

【ゴルフでスウィングが固まるお悩みに】身心をほぐすメンタルトレーニング

練習では上手く打てていたのに、本番や緊張した場面になると、スウィングが固くなってしまうという悩みをゴルファーからよくお聞きします。どのゴルファーにも共通しているのは、「固まってはいけない」と思っているのです。では、固まってはいけない。柔らかく打とうとするとどうなるでしょうか。
【ゴルフのメンタルトレーニング】 プレーが固くなったときにどうすればよいのか?

ゴルフのメンタルトレーニング ラウンドでの気づきのレッスン

先日、ゴルフダイジェスト誌の特集取材で、静岡県に行ってきました。今回はラウンドでのメンタルトレーニングがテーマです。ゴルフダイジェストの編集者の方から、実際にどんな風にラウンドしながらトレーニングしているのか知りたいというオファーをいただいたのが今回の企画につながりました。