「ゴルフ×メンタルトレーニング」の記事一覧(2 / 19ページ)

スポーツのメンタルトレーニングと禅 イップスになりやすい選手 イップスになりにくい選手

昨年、アメリカにいったときに、あるトップアマチュアとゴルフをプレーしました。この方は、70歳を超えているのですが、ドライバーは250ヤード以上飛ばすのです。ただ、スウィングは本当にユニークです。そしてショットだけでなく、・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 考えすぎてしまうと小手先のプレーになる 言葉になる前に打ちましょう

プレー中に考えてしまうと、どのスポーツでも上手くはいきません。怖くなって身体が動かなくなったり、リズムが悪くなったり、力んでしまったり。考えない方がいいことが分かっていても考えてしまうのです。 そして、考えてはいけないと・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 距離感の作り方

ちなみに皆さんは人との距離感をとるのが上手い方ですか?それとも近すぎたり、遠過ぎたりといい距離感をとるのが苦手な方でしょうか? 人も変われば、状況も場も変わる中で、こういう距離が正解という答えがあるわけではありません。だ・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 心技体の調和が生まれると距離は近くなる

ゴルフにおいて、1メートルの距離が100メートルより遠く感じることがあります。絶対に入れなければいけないと考えると、心の距離は遠くなるのです。 これは野球でも言えます。調子が良いとボールは遅く見えます。心の距離が遠いほど・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 無意識の力みにどう対応するか

緊張した場面でスポーツ選手を観察していると、ゴルファーだけではなく、どのアスリートにも共通して言えることがあります。 それは、表面でプレーしようとしているのです。表面とは、肌が力んでいる感じと言えるかもしれません。 人は・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 「みずから」と「おのずから」

ドライバーでミスしたとき、なぜミスしたのか考えると思います。打ち急いだ。力んだ。いろいろな理由が考えられます。 皆さんもいろいろミスの原因や理由を分析されるのではないでしょうか。失敗の原因を特定して次に生かす。これは一般・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 無心のスウィング 言葉を手放す訓練をしていきましょう

ある男子プロゴルファーは、メンタルトレーニングを重ねる中で、あるとき「スウィングがスウィングしている」という感覚になったと話していました。 ある著名な画家は「筆、おのずから動く」と自らの体験を語っています。これはいわゆる・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 心を磨く本

今回のゴルフダイジェストでは、「心を磨く」ことについて特集されています。ゴルフのプロコーチの方とこの時期だから読んでほしい本について対談させていただいています。 お互いにメンタルトレーニングに取り組んでいますが、ゴルファ・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 自問自答力をつけましょう

スポーツ選手のメンタルトレーニングしていると、「この状況では、どうすればいいですか」と質問されることがよくあります。 この問いに答えるかどうかは、なかなか難しいです。 何も答えないと選手は不満に感じます。困っているのに放・・・

スポーツのメンタルトレーニングと禅 気合いが入ると身体が力む

空手の達人と言われる方にお会いする機会がありました。年齢は60歳くらいで多くの空手家から慕われている指導者です。若手へのメンタルトレーニングについて相談を受けてお会いすることになりました。 最初にお会いしたときに、「この・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ