「メディア掲載情報」の記事一覧

メンタルトレーニングと禅 タイガーと本来無一物の心

人がもっとも力を発揮している時、心はどんな状態でしょうか。それは、感謝が生まれているときです。 選手たちがもっとも無心でプレーできているとき。それは、病気やケガから復帰できたときです。再びプレーできる喜びをただ噛みしめて・・・

メンタルトレーニングと禅 物足りなさに耐える心

全米オープン決勝で、大坂なおみ選手がセリーナ・ウィリアムズを破り優勝しました。今回、優勝後の大坂選手へのインタビューで印象的だったのは、「今回は身体が思うように動いた。そのことで常にポジティブでいられた」と話していたこと・・・

メンタルトレーニングと禅 身体なりのスウィング

メンタルトレーニングのコラムを連載中の週刊ゴルフダイジェスト、今週のテーマは「身体なりのスウィング」です。 私は、子供の時から球技が苦手で、体が思うように動かないことが嫌でした。それが、先日あるボディーワーカーの方から、・・・

メンタルトレーニングと禅 ゴルフのPDCA

みなさんはショットやパットの前にどんなルーティーンをしますか?ボールの後ろに立って方向をしっかりとったり、ボールの弾道をイメージしたり…ベストな状態でスイングするために、さまざまなルーティーンをされていると思います。 そ・・・

メンタルトレーニングと禅 振り抜かない意識を持ちましょう

ゴルフのレッスン書には、最後まで振り抜くことが大事と書かれています。これはある意味正しいのですが、実は逆効果の場合があります。それは、振り抜こうと意識することで、力んでしまい、逆に最後まで振り抜けなくなるケースです。力任・・・

メンタルトレーニングと禅 半分の心

皆さんは、ゴルフクラブを振る方ですか?それとも、振れる方ですか? 振ってはいないけれど、振れているというのが一番調子がよい状態だと思います。これは、余分な力みが無い状態だからです。一方で、プロを見ていても、振っているけど・・・

メンタルトレーニングと禅「身体ファーストのゴルフ」

「身体を社長、思考をマネージャーに」これは、禅の師匠から教わった言葉です。この発想を聞いて、思考が社長ではないかと思った方も多いと思います。なぜなら、私たちは学校で思考の大事さを学んできたからです。ビジネスでもスポーツで・・・

メンタルトレーニングと禅「侘び寂び」のゴルフ

ある時、禅の老師から「私たちの人生で一番若いときはいつでしょうか。」と問われました。 生まれた時が一番若いと答える方もおられるでしょう。人は、年齢を重ねながら徐々に年老いていく。体力面でも若いときにはかないません。これは・・・

メンタルトレーニングと禅「軸となるクラブを決める」

ドライバーが良いのに、アイアンが悪い。アイアンがいい日はドライバーが悪い。ドライバーとアイアンはいいのに、パターが悪い。なかなか噛み合わず、スコアがまとまらない。もちろん技術的な原因もありますが、今回はこうした現象をメン・・・

メンタルトレーニングと禅「プカーの構え」

ゴルフのレッスン書を読むと、ゴルフの基本は構え、つまりアドレスとあります。アドレスがスウィングの8割を決める、という指導者もおられます。 なぜ構えが大事なのでしょうか。このコラムを書いていて、プールでの出来事を思い出しま・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ