メンタルトレーニングと禅 守る心と攻める心

勝負の世界では、守りどころと攻めどころがあります。

しかし、どこで守るか、どこで攻めるかはなかなか難しい。

プロを見ていても、守りすぎてしまったり、攻めすぎてしまったりします。

守りすぎると、ショートします。ショートは怖さを生み出します。

攻める心に偏ると、ブレーキが外れます。無謀なプレーを生み出します。

攻めるのがいいのか、守るのがいいのか。
どちらが正解かと頭で考えても答えは出ません。

攻めすぎた場面があります。
あの場面さえムキにならなければと後悔します。
次回は攻めすぎないように自制を促します。

しかし、その次も同じようにムキになるのです。

反省しても、なかなか直りません。なぜなのか?

実は、そのプレーが問題ではない場合が多いのです。
その前のプレーが影響しているのです。

しかし攻めすぎたプレーの前に、
どういうプレーをしたか選手はよく覚えていません。

どこか点だけを見るのではなく、線で見る必要があります。

まず自分の癖を知ることからはじめましょう。

自分はどちらの傾向が強いのか。

・守りから入るタイプ?攻めから入るタイプ?

・苦しい時に守る?それとも攻める?

・ここぞという場面では守る?それとも攻める?

自分の感覚ではなく、まず事実を確認する。
ゴルフでいえば、スコアカードに「攻める心」か「守る心」でプレーしていたか一打ごとにチェックしてみる。

チェックすることで、線で自分のプレーを見ることが出来ます。

そして人は自分の心の状態に「気づく」ことで、
自然に整えていく力を持っています。

「直す」より前に、「知る」ことから始めましょう。

それがいい流れを生み出す最初のステップ。

週刊ゴルフダイジェスト第34号、メンタルトレーニングのコラム「禅の境地へ」第125回のテーマは「守る心と攻める心」です。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ