メンタルトレーニングと禅 力強いスウィングと力弱いスウィング

坐禅をしていると、呼吸が楽に出来る時と、苦しい時があります。

いろいろな要因はありますが、
上半身に力が入っていると、長時間坐り続けることは難しい。

一方で、下半身でしっかりと支えられていると、
息の出入りは楽になります。

これは、スポーツにも言えることです。

軽く打っているように見えるが、力強いスウィング。
一方で、力が入っているが、弱いスウィングがあります。

クラブやバット、ラケットを力強く振ろうとすると、
つい腕の力に頼ろうとします。

しかし、腕の力だけだと、球はブレてしまいます。

力を入れれば、力強さが増すという訳ではありません。

むしろ、力は6割程度にすることが大事。

6割程度の力でいかに力強さを出すか。

そのためには、坐禅の時の坐り方と同じように、
力感の作り方がポイントになります。

週刊ゴルフダイジェスト第35号、メンタルトレーニングのコラム「禅の境地へ」第126回のテーマは「3点で力感を作る」です。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ