ゴルフと禅 「Doing」と「Being」

赤野コーチがメンタルトレーニングのコラム「禅の境地へ 滴り積もりて」を連載中の週刊ゴルフダイジェストが発売されました。

今回のテーマは「DoingとBeing」です。

私たちの心には表面的に活発に動く部分と深く静かな部分があります。

表面的に活発に動く心は「Doing」,言い換えれば「やり方」。
そして深く静かな心は「Being」、言い換えれば「あり方」。

私たちは変化や結果を追い求めます。
これはDoingの心ですが、これだけではどこかで限界がきます。
表面のDoingばかりを追い求めていては、心の幹は太くなりません。
強い心を育ているためには、深い部分の心を育てることがとても大事なことです。

この深いBeingの心を私は「心幹」と呼んでいます。
そして、心の幹を太くするには時間がかかるのです。

詳細は週刊ゴルフダイジェスト第37号をご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ