スポーツのメンタルトレーニングと禅 逃げたいときには動かない まずは止まってエネルギーをためる

人は緊張したり、不安になると、逃げたくなります。これは人間との自然な本能といえます。

スポーツにおいて緊張した場面では、身体が思うように動かなくなります。それを無理に動かそうとすると、普段とはまったく違うぎこちない動きになってしまう。

この動きは、逃げる動きといえます。ゴルフや野球でいえば、無理に動かすほど、腰が引けたり、上半身と下半身の動きがバラバラになってしまいます。逃げる状態で動かそうとするほど、本来の動きから「ズレて」いくのです。

では、身体が動かないときどうすれば良いのか。

それは、「止まる」ことからはじめるのです。

身体を逃がすのではなく、しっかりと止めてみる。しっかりと止まることで、動くポイントが分かってくる。止まる→動くという流れが、いわゆる「キレ」になっていきます。

動きでエネルギーを逃がすのではなく、まずは止まってエネルギーを溜めること。それが、自然に動くための、大事なステップになります。

週刊ゴルフダイジェスト第46号、メンタルトレーニングのコラム「禅の境地へ」第138回のテーマは「緊張したら止まる」です。

ご興味のある方は、ぜひ読んで見てくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ