メンタルトレーニングと禅 「解」は無限にある

プロのメンタルコーチとは?

今、私が聞かれれば、「分からないこと」と答えます。

昔は、選手のことを分かったつもりになっていました。
そして、選手を指導していました。

選手を分析して、必要なメソッドを伝える。

これが悪いわけではありません。
しかし、これでは選手の答えをコーチが決めてしまうことになります。
これは「有限の指導」

私は、選手とともに「無限の可能性」を探求したい。

そのためには、常に「分からない」状態でいること。
常に「初心」でいることとも言えます。

コーチが「解」をもっているのではない。
選手が「解」を持っているのでもない。

選手とコーチが力を掛け合ったときに、必要な「解」が生まれるのです。
これは「智慧」といってもいいと思います。

あらかじめ用意した解ではなく、新たに生まれる解。

思いもよらないとき、思いもよらない形で、その智慧は顕れる。

だから、メンタルコーチとしての私の仕事は「分からない」でいることなのです。

しかし、メンタルトレーニングをしていて、答えを持たず、選手の前にいることは怖いです。

だって、選手は手っ取り早い答えを求めて待っています。

その期待に応えないのは、かなりの勇気が必要です。

無能と思われるのではないか。

役立たずと思われるのではないか。

首を切られるのではないか。

でも、分からないままいる。

そして選手と初心で対話する。

解が顕れるときもあるし、残念ながら、顕れないときもある。

私にとっては、答えを天に委ねる感じです。

信じていれば、必ず必要なときに、必要な智慧がやってくる。

分からないまま待てるか。

私にとって選手とのセッションは、禅の実践でもあり、アートでもあります。

メンタルトレーニングのコラムを連載中の週刊ゴルフダイジェスト第29号、今週のテーマは「解は無限」です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ