メンタルトレーニングと禅 「見えること」「見えないこと」の両方を大事にする

皆さんは、見えていることに取り組むのが好きですか?

それとも、見えないことに取り組むのが好きですか?

見えることとは、大体結果の予想がついたり、リスクが見えている状態です。
見えていると人は安心します。

しかし、見えることに偏ると、守りすぎるようになります。
安心にこだわると、冒険がなくなり、挑戦もなくなります。
結果的に楽しさやワクワク感が消えていきます。

一方で、見えないこととは、まったくどうなるか検討がつかないこと、どんな危険が潜んでいるか分からない。
見えないことには不安になりますが、その世界は「無限」です。

ただ見えないことに偏っていくと、足元が見えなくなります。
外ばかりに心がいって、自分自身が見えなくなるのです。
理想と現実のギャップが大きくなっていき、社会で生きるのが難しくなります。

見えるもの、見えないもの。
どちらも大事に出来るか。

禅では、見えないものをいかに感じるかを大事にしますが、
一方で「脚下照顧」といって、常に自分自身を省みるように戒めています。
自分の靴も揃えられない人には、ありのままの真理は見えてこないということでしょうか。

私自身、見えないことに挑戦するようになりました。
しかし、そういう時こそ、足元をしっかりと大事にする。

真っ暗で見えない道を進むときこそ、
今この瞬間、一歩一歩を踏みしめていく。

少し話がそれてしまいましたが、週刊ゴルフダイジェスト第31号、
メンタルトレーニングのコラム「禅の境地へ」第122回のテーマは
「見る練習と見ない練習 両方を大事にしよう」です。

ご興味のある方はぜひご覧くださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ