赤野公昭コーチの Powerful Life2017(10/6)「心の橋をかけていますか」

コミュニケーションでは「話す」「聞く」ということが大事だとされていますが、
実はその前に「共にいる」ということが重要になります。

安心感、信頼感かもしれません。

これはお互いの間に「心の橋」がかかっている状態です。

お互いに「心の橋」がかかっていないのに、
どんなにいいことをいってもそれは伝わりません。

橋をかけるには、相手を大切に思っているだけでは駄目なのです。
それを態度や行動に表せるか。

笑顔であり、あいさつであり、ゆっくりした深いうなずきもいいですよね。

いいことを言ってやろうとすると力が入ります。
それよりも、さりげない自然な態度の方が実は人の心には響きます。

そして橋はすぐに壊れます。
夫婦では、強固な絆があるように思いますが、
実は意外なほど脆いのです。

なので、大切な人ほど橋をかけ続けられるか。

続きはこちらからどうぞ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ